小菱重工業
小菱重工は、150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

総理、本当に始めますよ。いいですね。
映画「シン・ゴジラ」中、
大河内総理大臣役の大杉漣氏が急遽されました。
味のある演技をされる名俳優でした。
シン・ゴジラでもフラグが立ちまくりの役柄を
見事に演じ切られておりました。
あまりに急なことで、大変残念です。
ご冥福をお祈りいたします。

さて八ツ山橋モジュール、
時代設定で多少悩んでおりました。
八ツ山橋を渡り、北品川駅までの区間、
1956年までは併用軌道でした。
さらに、1963年頃には第一京浜道の下に
東海道新幹線八ツ山隧道が通ります。
その後第一京浜の八ツ山橋跨線橋が
架け替えられます。

情景がそれぞれ異なってくるため、
大河内総理よろしく、
なかなか決めかねておりましたが、
鉄橋、踏切、トンネルという
三連続コンボに魅せられて、
昭和40年設定とすることにしました。
s-IMG_9916.jpg
スチレンボードで
トンネル入り口を作ります。
s-IMG_9911.jpg
こんな感じで、
ここから新幹線が顔を出します。

「八ツ山橋、昭和40年頃」
場所、時代設定ともに決定です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/529-8303d21c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)