FC2ブログ
小菱重工業
小菱重工は、150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

LAYOUT AWARD 2018 前篇
大田区城南島にある
「ART FACTOTY 城南島」で開催された
「LAYOUT AWARD 2018」に参加してきました。
s-IMG_0048.jpg
京急平和島駅からバスで20分くらい、
無機質な物流倉庫や工場の立ち並ぶ一角に
ちょっとお洒落な建物、
「ART FACTOTY 城南島」。
s-IMG_0035_20180318221646dcd.jpg
「LAYOUT AWARD 2018」はその2階で、
アットホームな雰囲気の中開かれておりました。
s-IMG_0022_20180318222001fbe.jpg
実は私も、ちゃっかり
というか性懲りもなく今回もこれを出品。
s-IMG_0039_20180318222243440.jpg
出展者には、主催者様および協賛企業様から、
豪華な各賞をご準備いただいており、
かく申しますワタクシメも、これまたちゃっかり
いくつか賞を頂戴してまいりました。
ありがとうございました。
s-IMG_0046.jpg
こちらが、今回のグランプリ。
桜の花の華やかさ、
酒宴の人々の躍動感もさることながら、
川をわざわざカーブさせることによって
距離感を持たせた上に、石垣の美しさを見せ、
桜を中心に持ってくる心憎いまでの演出。
光のギミックも面白いです。
s-IMG_9999.jpg
以後、唸らせられた作品を。
こちらは、背景と見事に一体化して
ゆったりとした気分にさせられる作品。
s-IMG_0002.jpg
心の底まで冷え込む景色を再現した作品。
雪が積もった情景よりも、むしろ寒風吹きすさび
凍てつく状況の感じがよく出ています。
s-IMG_0003.jpg
自作の建物の存在感が凄い作品。
実は正面は反対側で、駅側は裏側という
現実的でありながら奇抜な演出。
s-IMG_0004_20180318225046fbe.jpg
なかなかここまではっちゃけられないことを
きちんと形にしてしまった作品。
ある意味凄い。
s-IMG_0005.jpg
昭和の団地、建物のオンパレード。
時代設定といい、雰囲気といい、
私の趣味とする方向性と同じものを感じて、
とても共感した作品。

このままいくと、いつ終わるのかわからないので、
取り敢えず回を分けます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
祝 受賞!
小菱重工業 様

ご出展されたのですね。
戦利品もあって更に嬉しい週末だったのではないでしょうか。

作品の傾向もT-TRAKコンテストとはちょっと違ったようにお見受けします。
・・・見に行けばよかった・・・後悔先に立たず。
(^^;)

続きも楽しみです。
^^
[2018/03/19 21:51] URL | -薫風- #- [ 編集 ]

ありがとうございます。
-薫風-さま、ありがとうこ゜さ゜います。

締切直前まで悩んだのですが、
KATO本社でのベストオブレイルコンテストの時に
主催者の方のご説明を聞いて、出展を決断しました。

ちょっと不便な場所ではありますが、
展示環境としては素晴らしい場所で、
出展者もT-TRAKコンテストよりもベテラン寄り?
情景派で手慣れた方が多かったように見受けられました。

T-TRAKコンテストとの掛け持ちOKを公言されているので、
-薫風-さまも来年は是非!!
[2018/03/19 22:19] URL | 小菱重工 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/536-378c77e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)