小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

便所改築
航空写真や、
当時の写真にちらっと写っている状態を解析すると、
立川駅の構内トイレ、かなり大きな代物のようです。

折角家の形になっていたのですが、
やはり改築することにします。
s-RIMG0541.jpg
妻面は前のものを生かして、奥行きを取りました。
手前のものが、改築前の壁です。
s-RIMG0542.jpg
入り口に戸が無いので、中が丸見え。
さすがに伽藍堂では体裁が悪いので、
間仕切りを付けて、それらしく。
s-RIMG0544.jpg
モルタル打ちっぱなしのつもりなんですが、
さすがにやりすぎ?
s-RIMG0547.jpg
屋根はアルミ箔製セメント瓦。
s-RIMG0549.jpg
ウェザリング掛けると、パターンがはっきり出ますね。
s-RIMG0550.jpg
いかにも、「なんか」出そうな便所が完成です。
間違っても、夜は入りたくありませんね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
「なにか」出そうな便所
小ノ電社主さん、こんばんは。

いかにも「なんか」出そうな便所の雰囲気満点ですね~ (^^)
しかし、在りました、と云うよりは以前は殆どが「なんか」出そうな便所
でしたよね。
和式のお釣りが来るボットン便所、朝顔便器のない、壁に直接あてて
飛沫が戻る小便用便器??。
あの独特の臭気、何故か頻繁に夢に見ます・・・ (__)b

それに引き換え、今の駅のトイレの綺麗な事、蕨駅のトイレは何と
温水便座迄付いています。
が・・・ 小ではちょくちょく御厄介になる駅トイレですが、大は何故
かNG、使用率ゼロに限りなく近い甚六郎であります。
[2012/07/27 22:29] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

「なにか」でた便所
こんばんは、甚六郎さん。

そうそう、昔の公衆便所と言えば、
コンクリ壁の下に溝がきってあるだけ、
目隠しも何も無いところに一列に並んで
用を足す代物でしたよね。
夜の繁華街では、よく酔っ払いがよろめいて、
溝に填まってましたっけ。
今では隔世の感がありますね~。
[2012/07/28 00:26] URL | 小ノ電 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/60-6b0e9103
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)