小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

翔ぶが如く
まっこて、ぬきもんじゃ。
無事、かごんまからもどって来もした。

…えっと、慣れないことは止めます。
今回は妻の父親の十三回忌、久しぶりの鹿児島でした。
まぁ折角行ったからには、
鹿児島の友人にも会いたかったので、
一人で市内まで出かけることにしました。
少しばかり、鉄分がありましたので、
その報告をしたいと思います。
s-RIMG0591.jpg
日豊本線隼人駅。
かみさんの実家はこの近くにあります。
鄙びていても、特急停車駅。
s-RIMG0593.jpg
車窓から見る、桜島。
先週、約1年半ぶりに爆発的噴火をしたそうで、
s-RIMG0599.jpg
市内は火山灰だらけ。
列車が通過するともうもうと巻き上がります。
写っているのが、乗ってきた列車「きりしま」。
できれば「はやとの風」に乗りたかったんですがね。

約束の時間まで余裕があったので、
市内を少し散策します。
s-RIMG0616.jpg
以前来たときにはあまり見なかった
市電の連接低床車が一杯走っていてびっくり。
一方で、旧型車も健在。
s-RIMG0618.jpg
電停武之橋のすぐ近くにある市交通局の車庫。
s-RIMG0620.jpg
木造の車庫もさることながら、
この煉瓦造の建物の風格のあることといったら。
s-RIMG0617.jpg
ちなみに、老舗の百貨店の建物も健在です。
「新幹線には乗らないの?」と、冷やかされましたが、
新しいものには、あまり食指が動かない。

このあと地元の友人二人と焼酎1本あけて、
〆の鹿児島ラーメンまでのフルコース。
でも11時過ぎても、日豊本線の電車があって、
こちらにもびっくり。

以上、ささやかな乗鉄紀行でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント
お帰りなさいませ
小ノ電社主さん、こんにちは。

無事のご帰京、祝着至極にございます (^^)

鉄分補給も出来、なによりでしたね。
市電と木造の車庫、煉瓦造りの建物、渋くて
趣がありますねぇ~
[2012/08/05 14:47] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

ただいまです
甚六郎さん、こんばんは。
鹿児島、一度は列車で行ってみたいのですが、
時間と手間がネックで、まだ実現していません。
本当は寝台特急のある時に行っておきたかった…。
[2012/08/09 23:16] URL | 小ノ電 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/62-e76ba45a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)