小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

アルミ地肌に悩む
夜半から雨になりましたが、
昼間は良い天気で、暑かったです。
と、いうことで、なんとか塗装が進みました。
09190013.jpg
まずは、窓のマスキング。
09190001.jpg
コクピット部分だけが、クリアパーツなので、
マスキングして塗ろうという魂胆です。
今回の期待は銀色一色なので、楽と言えば楽なんですが、
ノッペリしないように工夫しなければ、いけません。
09190010.jpg
おそるおそるマスキングを剥がす、緊張の一瞬。
なんとか大丈夫のようです。
09190011.jpg
段差の解消がいまひとつでしたが、ここまできたら
後戻りは出来ません。(と、いうより、したくない。)
09190015.jpg
銀一色では単調なので、ハセガワの
チタンフィニッシュというものを使ってみました。
シール状のアルミホイル?みたいな感じで、
金属感を出すのには便利な素材です。
09190016.jpg
失敗したのは、ノーズに入れた錘が足りなくて、
尻餅をついちゃうこと。
いまさら追加は出来ないし、どうしようかな~。

今日も元気だ、ポチッとな。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル:趣味・実用

コメント

小ノ電社主さん、こんにちは。

おぉ~ 綺麗に塗装が済みましたね♪
私が専ら食玩に頼るのは、コクピット枠の塗装に怖気付いているから
なんです。
特に1/144の戦闘機なぞは私には完全に塗装不可能です(涙々)

尻餅は、私もフレンドシップ機で経験しました、次回は失敗せぬ様に
したいなと思っておりますが… 果たして次回は…

この3連休でC-97もきっと完成ですね、楽しみに致しております♪
[2011/09/24 12:18] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]


甚六郎さん、こんばんは。

アルミ地肌の飛行機は、塗装は簡単なようですが、
アクセントをつけようとすると、結構悩みます。
今回はじめて使ったチタン・フィニッシュは扱いやすく、
なかなか手軽で使い勝手が良いです。

そうですね。コクピットの窓枠は難しいですね。
特に大戦機のように細かな窓割りになっている場合は…。
昔は面相筆で書いたりもしましたが、
今は細かいところが見えないし、手が震えて駄目です。
[2011/09/25 22:25] URL | 小ノ電 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/7-548c5de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)