小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

道路舗装
久しぶりの連休ですから、
手の掛かる部分を仕上げたいと思います。
道路を舗装します。

レイアウトの道路は、
塗装や海外製品のシールを使われる方が
多いのではないでしょうか。
最近のほとんど凹凸の無い道路ならば、
それで十分だと思います。

ただ、
昭和の時代の道路事情を思い起こすと、
だいぶ違和感があります。
あちこち陥没していたり、
始終掘り起こすせいで凸凹していたり、
舗装の継ぎ目が滑らかでなく、
段差になっていたり。

そんなわけで、
昭和の道路を再現すべく、敢えて
手の掛かる方法で行きたいと思います。

まずは側溝の蓋。
1ミリ厚のスチレンペーパーに
筋彫りして、
s-RIMG0845.jpg
塗装して、
s-RIMG0846.jpg
墨入れをしたら、細く切り出します。
s-RIMG0847.jpg
それを、歩道に沿って貼り付けます。
s-RIMG0848.jpg
次に、いよいよ、舗装に掛かります。
モーリン社のクラフトサンドを使います。
s-RIMG0850.jpg
ざあっと撒いて、ある程度均したら、
薄めた木工ボンドをぽたぽたと。
いわゆる、ボンドバラスト法?
s-RIMG0851.jpg
ボール紙を使って、少し押し固めて、
s-RIMG0852.jpg
最後にローラーで押し固め。
実際の舗装工事と似たようなものです。
ただこの工法だと、
完全に乾くのに一晩はかかります。
s-RIMG0853.jpg
さて、翌日。
s-RIMG0855.jpg
コンクリートのようにカチカチに固まってます。
s-RIMG0856.jpg
テープでマスキングして、
s-RIMG0857.jpg
センターライン引き。
s-RIMG0858.jpg
色調の違うクラフトサンドを撒いて、補修跡に、
更に路肩に草を生やして、と。
s-RIMG0859.jpg
う~ん、なかなか良い凸凹加減♪
s-RIMG0865.jpg
さらに、さらに、鉛筆でタイヤ痕。
s-RIMG0866.jpg
いかにも、昭和の
くたびれた道路の出来上がり。
s-RIMG0864.jpg
車を並べてみます。
s-RIMG0861.jpg
雰囲気は出ましたかね?
s-RIMG0862.jpg

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
凸凹道路
小ノ電社主さん、こんにちは。

道路の凸凹加減が良いですねぇ~♪
確かに、昔の蕨駅前通りも穴が開いたりして凸凹でした。
現在は一方通行で17号方面から駅に向かうことしか出
来ませんが、その昔はパスが往復していました。
全く記憶に在りませんが、こんな狭い通りでどうやって擦
れ違っていたのやら??
バス自体がグンと小さかったのでしょうね、きっと d(^^;
[2012/09/22 15:25] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]

ガタガタ道
甚六郎さん、こんばんは。

昔の道路は、狭くて、ガタガタで、
雨上がりには水溜りばかりで、
現在とは隔世の感がありますよね。
おまけに舗装されていない道も多かったし。
それでも車自体が少なかったのと、
スピードもさして出していなかった
(というより、出せなかった?)おかげで、
何とかなっていたんでしょうねぇ。
[2012/09/25 23:26] URL | 小ノ電 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/70-dfdefe98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)