小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

西オメ クモハ40073
リトルジャパンのクモハ40半流、
なんとか完成です。
s-RIMG0082.jpg
このキット、合わせがきちっとしているとか、
窓がはめ込み式とか、日本製とか、
いろいろ特色があげられますが、
やっぱり一番すごいとおもうのが、床下機器。
s-RIMG0071.jpg
部品の数だけでも半端ない。
素人にはなにがなんだか。
とはいうものの、説明書がていねいですから、
組み立てるのに迷うことは無いんですが。
s-RIMG0073.jpg
組上がると、この通り。床下ぴっちり。
こうしてみると、タンクの並んだ空気側、
電制機器の並んだ電気側と、よくわかりますね。
s-RIMG0074.jpg
折角室内も再現してありますから、
それらしく色差ししておきます。
こうなると、乗客乗せてみたくなりますね。
s-RIMG0080.jpg
こちらがパンタ側。
s-RIMG0083.jpg
で、反対側。
あ、ウェザリングはある程度編成がそろったら、
まとめてやろうかと。
あまり車両ごとに差があっても、
違和感があるかと思いまして。
s-RIMG0087.jpg
実車は両運の利点を生かし、
青梅線でも増結用として70年代まで活躍しました。
s-RIMG0090.jpg
73形との混結も、違和感ありませんね。
s-RIMG0094.jpg
南武線、横浜線、鶴見線と並んで、
首都圏最後の旧国の聖地として青梅線は有名でした。
s-RIMG0093.jpg
青梅線のクモハ40、
半流ばかりでなく平妻もいました。
こちらもぜひ増備したいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/91-353d113c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)