小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

青梅散策前篇~鉄道公園
色々思うところがあって、青梅に行ってきました。
まず第一の目的は、実車の取材。
えぇ。
青梅には鉄道公園があって、
最近弄り回しているED16と
クモハ40の実物があるんです。
s-RIMG0357.jpg
敷地に入ってすぐ左手に鎮座ましますのが
クモハ40054。
s-RIMG0305.jpg
いきなりカウンターパンチ状態。
いや、もう、なんというか撫で回したい。
(いや、さすがにそれはダメだろ)
s-RIMG0344.jpg
上からストーカーして
ハアハア状態だの、
s-RIMG0312.jpg
下からのぞきこんで
恥ずかしい写真も撮り放題。
s-RIMG0303.jpg
唯一惜しむらくは
正面窓がHゴム化されたままの末期状態。
ま、しょうがないんですけどね。

お次の餌食はED161。
s-RIMG0323.jpg
FD16のファーストナンバーです。
s-RIMG0317.jpg
やっぱり機関車は力強いなぁ。
s-RIMG0321.jpg
といいつつ、台車周りは結構繊細だったりして。
s-RIMG0319.jpg
既製品の屋根周りもこれを参考に
ディテールアップするときっと良い感じに。
s-RIMG0355.jpg
やっぱり百聞は一見にしかず、
実物に勝る資料なし、といったところですね。

このふたつを見たとこで、既にお腹一杯状態。
で、他の機関車の見学には
あまり力が入っていない。
s-RIMG0335.jpg
というより、素直に言うと
なぜ青梅にあるの?的な疑問が。
s-RIMG0314.jpg
かろうじてC11は五日市線にいたかも。
ハチロクも八王子機関区で入換用で使ってたかな。
s-RIMG0329.jpg
いずれも展示車両そのものは、
現役時代、関西方面で活躍していたみたいです。

鉄道史に残るものを集めたという意義は理解できます。
でもわざわざ遠くからかき集めるよりは、
惜しまれながら解体されてしまったクモハ12だの、
開園当時はまだまだ現役だったはずの73系だの、
輸入電機だの、もう少し地縁のあるものを
保存してほしかった、というのが正直な感想です。
無い物ねだりの我儘ということは百も承知です。

記念館の中には青梅線関係の
貴重な写真なども展示されてます。
s-RIMG0352.jpg
これは往年の青梅電車区。
いわゆる東オメ、西オメですね。
s-RIMG0346.jpg
青梅駅のホームもレトロ。
s-RIMG0348.jpg
実はこのあたりが、
後編への布石となったりするわけです。
ということで、後編へ続く。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

コメント
青梅鉄道公園
小ノ電社主さん、こんにちは。

青梅鉄道公園に取材に行かれましたか♪
取材も上々の結果、お天気に恵まれた
ご様子、何よりでしたね。
取材旅行の成果、後編が楽しみです。

嘗ては、茶色のデッキ付き機関車も茶色の国電も
蕨を通過、又は利用したものですが・・・
国電の車内の匂いの微かな記憶しかありません。
[2013/02/17 12:33] URL | 甚六郎 #PMoz9hdc [ 編集 ]


甚六郎さん、こんばんは。

はい。出掛けは雪もちらつくありさまで
どうなることかと先を危ぶみましたが、
青梅に着くころにはすっかり小春日和。

青梅鉄道公園、名前の通り公園であって
博物館ではないですから、大宮や梅小路とは
比べてはいけませんね。
(実はまだ両方とも言ったことはないのですが)
そういう意味では、入場料も低廉で、
気軽に実物に出会えるという価値は
とても大きいものがあると思います。
色々文句も言ってますが、結構感動したのも事実。
なによりここの開園が今から半世紀近くも前だということに
時代の先見性というか、意義を感じます。
[2013/02/17 23:53] URL | 小ノ電 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://obishi.blog.fc2.com/tb.php/99-a51772a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)