小菱重工業
小菱重工は、Nゲージをはじめとする150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます(笑)。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

銀恋Part3~100形を更新1300形にする。
3月が終わりました。
職場は相変わらず修羅場です。
折角の休日位、好きなことをやって
ストレスを発散します。
s-IMG_7615.jpg
以前ご紹介しました、地下鉄博物館限定鉄コレ。
結構買い込んでおりまして、
s-IMG_7669.jpg
1セットは塗り替えて、
戦後共通運用ができるようになった頃の姿としました。
s-IMG_7830.jpg
今回は100形を使って、
車体更新されて中間車化された1200形、
あるいは1300形に改造します。
s-IMG_7831.jpg
一方は両運、両扉の外観のまま中間車化された
1358号車か1359号車に、
もう一方は乗務員扉が完全に埋められた
1200形、1300形多数派にします。
s-IMG_7832.jpg
100形は両運ですが片運転台、
つまり乗務員扉は右側にしかついていません。
s-IMG_7835.jpg
一方の乗務員扉と、もう一方の客窓を交換することで、
目的の形とすることができます。
s-IMG_7837.jpg
本当は乗務員扉を埋めた部分の客窓は
通常の窓枠の横幅より狭いのですが、
手が掛かるので、そこには目をつぶります。
s-IMG_7841.jpg
乗務員扉の残ったタイプは、
扉を更新したタイプにするので扉をくりぬいて、
s-IMG_7838.jpg
タヴァサのエッチングパーツ、東急用の小窓ドアに交換。
s-IMG_7839.jpg
外見上完全に中間車化された車両の方は、
戸袋窓がHゴム仕様に換えられた姿にします。
s-IMG_7845.jpg
連結面は窓をHゴム化し、
アンチクライマーを貼り付けました。
s-IMG_7843.jpg
車体更新が終わったら、あとは塗装です。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

銀恋Part2~営団1800形をでっちUPする。
年度末です。
うちらの仕事にとっては、ある意味、一番忙しい時期です。
結構ストレス、溜まってます。

どうも追いつめられると車両に逃げる性癖があるらしく、
レイアウトの製作の合間というか、
少しでも時間が空くと、車両をいじっています。
s-IMG_7820.jpg
というわけで、
鉄コレの営団2000形開封以降の銀座熱は醒めやらず、
相変わらず増備を画策しています。
s-IMG_7702.jpg
鉄コレの銚子電鉄デハ1000形、ご存知のとおり
元営団2000形を譲渡の際に両運化したものです。
ところが、ほぼ2000形と同じ仕様で、
もともと両運で製造された車両もありました。
1800形と1900形です。
これの改造ネタとしてデハ1000形、使えます。
s-IMG_7761.jpg
ただし、改造の時に正面窓が小さくされたので、
s-IMG_7766.jpg
復旧には右側のように、枠ぎりぎりまで拡大します。
また側面にはステップが追加されていますので、
これも削り取っておきます。
s-IMG_7767.jpg
一方目立つ違いが屋根回り。
パンタグラフが設置されているのはもちろん、
屋根の通風機も、大幅に減らされているので、
s-IMG_7769.jpg
雨樋から上を思い切りよく切り取ってしまいます。
s-IMG_7777.jpg
で、代わりの屋根はここから調達。
Bトレイン・ショーティの銀座線6両編成セット。
s-IMG_7770.jpg
2000形用の屋根を2両分、繋いで使います。
s-IMG_7773.jpg
幅も、正面のカーブもほぼピタリ。
s-IMG_7783.jpg
繋ぎ目が目立たないように、瞬間接着剤と
サーフェイサーで隙間埋め。
s-IMG_7811.jpg
下地が整ったところで、塗装します。
s-IMG_7814.jpg
正面窓は拡大しているので、
元の鉄コレパーツは使えません。
そこで、ボナ・ファイでプロダクトのピタ窓。
s-IMG_7817.jpg
画像では左側がうまく填っていませんが、
透明感もよく、優れものです。
s-IMG_7823.jpg
仕上げとしてテールライトの色挿しやら、
車番インレタ貼りがまだ残っていますが、
なんちゃって1800形、なんとか形にはなりました。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

諏訪通りの中華料理店
来ました!
s-IMG_7808.jpg
シン・ゴジラのブルー・レイ!
結局、映画館では3回観たうえに
ブルーレイまで買ってしまいました。
s-IMG_7807.jpg
そんな折、たまたまホームセンターに行ったら、
コップのフチの蒲田くんが・・・。

特典ディスクには、メイキングが収録されていました。
今回の作品、特撮部分はほとんどなく、
3D作画ばかりかと思っていましたら、
日本家屋崩壊シーンや、ビル傾斜シーンで
しっかり伝統の特撮模型が使われていたようで、
ある意味、感動しました。

私の模型作りの原点は、
特撮にあるといっても過言ではありません。
ひとつひとつの列車や飛行機、船の模型も好きですが、
それらが風景の中に溶け込んで、
「シーン」になっているのが一番好きです。
なにより駅舎ひとつではなく、街並みなんです。
そんな醍醐味を明確に映像にしてくれるのが、
特撮なんです。
そんな意味でも、今回の「シン・ゴジラ」は、
私にとってカタルシスでした。

で、肝心の模型の方はというと、
s-IMG_7825.jpg
中華料理店を作り始めました。
s-IMG_7828.jpg
まだまだ、これからです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

月が侘しいぃ~路地裏のぉ~♪
出来上がった二軒をエイジングします。
s-IMG_7759.jpg
フラットブラックでウォッシングしてから、
ウェザリングマスターで深みをつけます。
s-IMG_7781.jpg
少しやり過ぎ位が、小菱重工仕様。
スルメの旨味というか、枯山水の侘寂というか。
s-IMG_7785.jpg
設置する前に、地面の方も調整します。
路地というからには、どぶ板がほしいかなぁ、と。
s-IMG_7786.jpg
路地は車は通らなくとも、生活道路。
s-IMG_7789.jpg
味わいを出すのは、なかなかに難しい。
s-IMG_7795.jpg
下地が整ったので、建物を設置しました。
s-IMG_7792.jpg
表通りから路地裏は、こう見えます。
s-IMG_7799.jpg
駅前の街並みのゴチャゴチャ感が出てきました。
s-IMG_7801.jpg
路地裏のバーは既に見えない。
s-IMG_7804.jpg
立川駅北口とは異なるディープな雰囲気が、
南口の魅力でもあります。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

路地裏のバー、開店。
飲み屋、パチンコ屋に引き続き、バーが開店です。

絶賛放置中(?)だったバーを仕上げました。
s-IMG_7721.jpg
駅前周辺、色々と賑やかになってまいりました。
立川駅南口は庶民的(ある意味危険)な歓楽街が
散在していたそうです。
s-IMG_7704.jpg
煉瓦模様のパターンシートの目地に、
フラットホワイトを擦り込みます。
s-IMG_7705.jpg
こちらは、行燈看板。
s-IMG_7709.jpg
1階部分に組み込みますれば、
あっという間に怪しい雰囲気に。
s-IMG_7713.jpg
雨樋、庇、窓の手摺などなど、小物も取り付けます。
s-IMG_7712.jpg
前回に引き続き、「台」です。
s-IMG_7719.jpg
今回も屋根に据え付けます。
s-IMG_7730.jpg
載るのは、冷房の室外機です。
一般にはまだまだクーラーが珍しい時代でしたが、
飲食店、特に風俗系には早くから導入されました。
s-IMG_7724.jpg
とはいえ、まだまだ機械は大型でした。
場所がないなら、屋根に上げちゃえ、と。
s-IMG_7723.jpg
さて、エイジングを残して、完成となります。
今回は外階段が特に「胆」でした。
s-IMG_7721.jpg
次回にはパチンコ屋と一緒に、設置したいと思います。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用