小菱重工業
小菱重工は、150分の1スケール(前後)の世界において、技術に立脚するものづくり企業として、安心・安全で豊かな生活と確かな未来を提供していきます。
プロフィール

小菱重工

Author:小菱重工
明るい明日と、未来を拓く

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

赤い激流
今日は京急460形ネタです。
s-IMG_9738.jpg
460形更新車は旧型吊掛車の部品を
色々とっかえひっかえしているので、
台車もバリエーションに富んでいます。
今回作るつもりの編成では動力車はTS-806。
s-IMG_9726.jpg
手元にあった台車から、
一番似ているTS-801をベースに改造します。
s-IMG_9727.jpg
TS-801は京王3000系改造の時の余剰部品。
同じくTS-804からバネ部分を移植。
s-IMG_9729.jpg
さらに京急500形改造の際に不要となった
京急700形のTH-700からブレーキシリンダーと
シューをとりはずして、くっつけて、
s-IMG_9735.jpg
なんちゃってTS-806、完成です。
s-IMG_9745.jpg
遠目にはなんとか誤魔化せてる・・・かな?
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

赤い衝撃
今回の赤いシリーズ、バイブルはこちら。
s-IMG_9737.jpg
ネコパブの
「京急400・500形-大型吊り掛け駆動車の生涯」。
s-IMG_9684.jpg
現在製作中の500形も
この本を参考にしながら作っているわけですが、
ほかのページをパラパラめくっているうちに、
460形も1000形試作車から作れそうなことに
気が付きました。
ただし先頭車は、通風機の形状を変更して、
パンタ付きにしなくちゃいけない。
s-IMG_9685.jpg
中間車は1000形が使えますが、
先頭車とは反対に全車付随車ですから、
屋根はGMのキットからコンバートします。

まだ500形が完成していないというのに、
こちらにも手を付けてしまいました。
s-IMG_9687.jpg
中間車の屋根を先頭車の屋根と交換して、
先頭部の形状を改造します。
s-IMG_9709.jpg
460形は切り欠きのあるタイプ。
s-IMG_9712.jpg
雨樋も真鍮線で作り直します。
s-IMG_9714.jpg
屋根もボディに合うように成形。
s-IMG_9715.jpg
塗装もし直します。
s-IMG_9693.jpg
中間車の屋根はGMの1000形キットのもの。
長さはピッタリなんですが、幅と厚みが異なるので
根気よく調整します。
s-IMG_9718.jpg
塗装して、同じくキットの通風機を取り付ければ
中間車も形になりました。

500形、460形並行作業と相成りましたが、
さぁ、どうなることやら・・・。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

赤い運命
赤いシリーズ、続いてます。
鉄コレで京急500形を作る、3回目です。
s-IMG_9628.jpg
鉄コレ700形では側面種別等が印刷なので
トレジャータウンのパーツを貼り付けます。
s-IMG_9630.jpg
縦樋もないので、プラパーツでそれらしく。
s-IMG_9625.jpg
ちょこちょこ、あちこち弄っているので
接合部分だけではなく、全体を上塗りします。
s-IMG_9697.jpg
埃が付いてますが、なんとかリカバリー。
s-IMG_9696.jpg
屋根も部品ごとに塗装しなおします。
s-IMG_9701.jpg
仮組したところ。
s-IMG_9707.jpg
頭の挿げ替えの時に削ってしまった
乗務員扉の手摺は、これまたトレジャータウンの
パーツを取り付けました。
s-IMG_9724.jpg
ほぼ形になりましたね。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

「レイアウト道と云ふは」再び
急な話なんですが、
日本鉄道模型界の総本山の一つ、
こちらへ行って参りました。
s-IMG_9631.jpg
門前には、現在小菱重工業が
絶賛お取込み中の赤い電車が。
s-IMG_9634.jpg
いや、別に実車見学に行ったわけではなくて、
(それがないわけでもないんですが・・・)
s-IMG_9679.jpg
今年度のベストオブレイルコンテスト、
T-TRAKジオラマコンテスト2018出展説明会、
そしてT-TRAKコンテスト2017ジオラマコンテスト
出展者懇親会があったからでした。
s-IMG_9681.jpg
案内状をよく読まずに、入賞者の出展会かと思っていて
事務局に前日に電話したら、
「出展者はだれでも持ち込みが出来ます。
いや、むしろ是非お持ちください。」とのことで、
土曜日に急遽奥さんにナビしてもらって、
車で搬入しました。
s-IMG_9672.jpg
もちろん、最優秀に選ばれた
たいやきやいた様のジオラマも、
s-IMG_9661.jpg
リンクさせていただいている
薫風様のジオラマも参加しておりました。
s-IMG_9653.jpg
ご覧のように、かなりの数のジオラマが参集しました。
(うち×分の1が、K社なかの人だったことが判明したのは、
ここだけのヒ・ミ・ツ♪)
手前に写っているワイングラスでお分かりのとおり、
お酒を嗜みながらのジオラマ談義と相成りました。
s-IMG_9648.jpg
社長御自慢の欧州舶来のジオラマのお披露目や、
s-IMG_9651.jpg
(絵画とばかり思っていたら、
実はジオラマだったというサプライズ)
s-IMG_9656.jpg
照明を落として、夜景を演出するサービスも。
s-IMG_9658.jpg
改めて、照明を組み込んだジオラマの素晴らしさに
うっとり。
s-IMG_9664.jpg
いいなぁ。
s-IMG_9683.jpg
ついでにKATO本社5階からの夜景も
楽しんでまいりました。
お酒も回って、いい感じのところでお開きに。

T-trakジオラマコンテスト2018の詳細も発表されました。
T-trakジオラマコンテスト2018詳細
今年度とは色々変更があるようです。
ジオラマボードの自作も認められるようになりました。
今年も暑い夏となりそうです。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

赤い迷路
さて、京急500形とはどんな車両だったのでしょうか。

ほぼ戦後の輸送力不足から脱却しつつあった1951年、
京急の経営柱のひとつ、週末の行楽輸送を目的として、
セミクロスシートの500形が製造されました。
その後一部先頭車の中間車化と4両固定編成化を経て、
1968年に車体更新工事が実施されます。
前年新造された700形をプロトタイプとした
軽快なデザインですが、中身は吊り掛け車です。
s-IMG_9606.jpg
ですから、中間車はそのまま台車を替えただけで、
それっぽくなります。
s-s-IMG_9609.jpg
手が掛かるのは先頭車。
500形の顔は湘南顔ですから、
1000形試作車のものを移植します。
s-IMG_9611.jpg
1両目は乗務員扉後端で切り離しましたが、
700形と1000形試作車では車体断面が異なり、
段差が目立ったので、2両目は前端で接合してみました。
s-IMG_9619.jpg
前面と本体を接着したら、やすりをかけて
段差をなくします。
s-IMG_9615.jpg
屋根も前部の形状に追わせてカットします。
s-IMG_9616.jpg
仮ハメしてみたところ。
s-IMG_9624.jpg
形状が変わった屋根前端部の雨樋は、
ランナー引き延ばし線で作り直します。

今週はここまで。
気力が続けば、まだ続きます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用